Outreach Concert

Pianist KUNIKOが力を入れている活動の一つ。アウトリーチ活動。

自身の経験から、「音楽がある人生」「音楽に救われる人が一人でも増えるように」と
これまでに、重度の障害のある方の施設からデイサービスや福祉施設全般、病院や小中学校、児童保護施設や被災地、子供会から保育園、幼稚園、お寺、町内会など。ピアノのないところにはピアノを運んでボランティアやアウトリーチ活動に力を入れています。
KUNIKOが取り組むアウトリーチ活動は、ただ一方的に演奏するのではなく、ただピアニストとはこうです。
ただすごい演奏を見せたり、ただ楽器の説明をするような一般的なアウトリーチコンサートとは大きく異なり、脳科学に精通したトレーナーと子供達の教育を視野に入れたエンターテーメント性の高いコンサートを行ったり、フィジカルトレーナーとコラボで健康づくりのための音楽や、実際に戦地や戦争を経験してきた方々などとコラボレーションで平和について考える音楽会など、一風変わった多彩なコンテンツで音楽を文化として位置付けし、出会う方々の人生をより豊かに導ける内容で行っています。

ご要望によりKUNIKOソロのミニリサイタルも可能ですのでまずはご相談ください。

代表的なコンサート

きつねとKUNIKOのワクワクピアノコンサート〜イマジネーションボックス〜

子ども達の五感を刺激し、音楽の魔法で旅をする脳科学を駆使した大人気のエンターテーメント
きつねくんとピアニストKunikoがあなたのところへ伺います♪
メンタルフィジカルトレーナーが脳科学を駆使してつくった五感を刺激して脳を活性化していく大人もこどもも心から入り込んで楽しめる体感型コンサート♪全国で人気です。主催者を募集しています。お気軽にお問い合わせください。


詳細はこちらから

平和活動「ガイアの饗宴」コンサート

こちらのタカギクラヴィア株式会社ご協力のもと米兵が戦地にパラシュートで運び演奏していたというカーキ色のニューヨークスタインウェイ「ヴィクトリーG・I」を運び、元少年飛行兵だった土谷さん、戦争ジャーナリストの小松まさこさん、ヴィクトリーG・I所有者のピアノプロデューサー高木裕社長と、このピアノを日本で演奏するということを平和の象徴の一つとして、調和のためのコンサートツアーを行っています。全国どこでも開催可能です。主催者、共催者を随時募集しています。
詳細はこちらから

QOLシリーズ  究極のメンテナンスDayコンサート / リフレッシュコンサート

フィジカルメンタルトレーナーとコラボでカラダをセルフコンディショニングでリフレッシュして、寝ながらコンサートを聴いてしまうという新しい企画。理にかなったプログラムで組み立てられたセルフコンディショニングで一旦、交感神経を優位にしたところから432Hz(場合により440Hz)モダンピアノの生演奏の振動を床や空間全体で感じることで副交感神経が優位になり、心もカラダも解放されリフレッシュできる究極のコンサートです。
企業や福祉施設、町や市の文化事業、老人会などの集まりでも開催されています。
お気軽にお問い合わせください。

詳細はこちらから

© 2021 432Hz Pianist KUNIKO